興信所の歴史と文化を世界規模で検証

興信所の歴史と文化

世界規模の探偵

探偵の歴史を見てみると、日本よりも諸外国のほうが進んでいることに気が付きます。
特にヨーロッパ諸国やアメリカではそれが顕著であり、いち早く探偵という職業に対して法整備などをおこなっています。

 

ここで、現在の世界の探偵に目を向けてみましょう。
探偵発祥の地とされているフランスでは目立った動きがないものの、イギリスでは2014年には探偵業を行う業者または個人で免許を持っていない者が探偵業を営むことが出来なくなります。

 

またアメリカでは、日本やイギリスと違って一般人でも銃を携行する銃社会が進んでいるので、探偵事務所というよりも警備会社やトラブルバスターといった側面が強くなっています。

 

一方で日本の探偵はどうでしょうか?
日本では2007年に施行された探偵業法によって、日本で活動する探偵を名乗る業者は、公安委員会に登録の届けを出していること、そして事務所を構えて活動する地域の地元警察署へ登録の届けを出す必要があります。

 

また、日本には調査業協会という団体があり、日本で活動する探偵事務所の多くが登録して、探偵業界全体で質の高いサービスを提供できるように活動をしているのです。

 

日本と世界の探偵業の認識の違いはありますが、その中で依頼人からの依頼を遂行することに全力を尽くすのは違いありません。


ホーム サイトマップ