興信所の歴史と文化と技術革新の関係

興信所の歴史と文化

興信所の技術革新とは

興信所の歴史は19世紀という話を最初にしましたが、それを考えるとまだまだ200年ぐらいの歴史しかないことになります。
しかし、その200年の間でずっと興信所業界で基本とされている調査技術があります。
その技術というのが、尾行技術、張り込み技術です。この2つの技術は現代の興信所業界でも基本中の基本であり、細かい方法は興信所ごとに違いはありますが、ほとんどの業者が調査で使う技術です。

 

そして、この基本中の基本である尾行調査、張り込み調査では、年々使われる手法が高度なものになってきており、技術革新を続けていることを知っているだろうか。

 

尾行と、張り込みの技術が向上する理由としては、興信所の自体が向上するというよりも、興信所が使うことが出来る道具の数々の機能が向上したことが影響を与えていると考えられます。

 

例えば、尾行の張り込みのときに、証拠写真を撮影するための機材です。
近くでカメラを構えて写真を撮ることはできませんし、止まっている対象を撮影することも難しい。そうなるとまともな写真を撮ることは難しくなります。
そのなかで、デジタルカメラなどの登場によって、超小型カメラで周りの人間にも不審に思われない撮影から、動いている被写体をきれいに写しだすことが出来る性能と、使う機材によってより高度な調査を実施することが出来るようになったと考えることが出来るのです。


ホーム サイトマップ